ドラゴン桜(2021) 第1話のあらすじ・見どころ・みんなの感想は?|無料で見る方法

この記事は約3分で読めます。

今回は4月25日放送 ドラゴン桜(2021)第1話「時代に負けるな。今こそ、動け!」の振り返り。

●まずはあらすじ

公式HPから引用

かつて、落ちこぼれだった龍山高校から東京大学合格者を輩出し、一躍時の人となった元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部寛)
その後法律事務所を設立し、学校再建のエキスパートとして順風満帆な弁護士人生を歩んでいた──

時は令和。偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園で、教頭・高原浩之(及川光博)が桜木による再建案を提案する。
しかし、自由な校風を理想に掲げる理事長・龍野久美子(江口のりこ)は進学校化に反対し、意見が割れていた。果たして桜木、そして彼の元教え子であり法律事務所で一緒に働く弁護士の水野直美(長澤まさみ)は東大合格者を出し、学園を再建できるのか…

そして彼らを待ち受けるのは姉思いだが将来に不安を抱え、姉と2人で両親が残したラーメン屋を手伝う瀬戸輝(髙橋海人)、何をやっても長続きしない今どき女子高生の早瀬菜緒(南沙良)、バドミントンのトップ選手の岩崎楓(平手友梨奈)など、それぞれの悩みや問題を抱えた龍海の生徒たち。桜木や水野と出会うことで、彼らの運命は大きく動き出そうとしていた──

出典:ドラゴン桜公式HP

スポンサーリンク

第2話のみどころ

・半沢キャストに半沢演出
「半沢直樹」を見ていた方は思わず反応してしまうキャスティングと演出。及川光博・江口のりこ・木場勝己・山崎銀之丞ら半沢キャストに福澤克雄 演出と半沢ファンにはたまらない座組。

・アクション、サプライズ、カタルシスありと宝石箱のような第1話
情報量の多い第1話でした。ドラマ時系列では前作から16年後の物語。16年間の出来事をコンパクトに紹介しながら新しい物語が始まっていきました。中盤にはまさかのバイクアクションとサービス満点!大風呂敷を広げるように第1話で伏線を張りに張り巡らせたのでこれから回収されるのが楽しみです。途中の胸くそ展開から終盤の結末はカタルシスを感じた方も多かったと思いますし、総じて素晴らしい第1話でした。

・スマホ撮影、SNS投稿など今っぽい問題提起
非行も昔からあるあるの万引や未成年喫煙の展開もあれば、SNS投稿やスマホ撮影など現代の問題を提起しており、前作から現代版にブラッシュアップ。今後の新たな問題提起も見どころです。

みんなの感想

無料視聴方法

見逃した方も大丈夫!配信があります!

■Paravi ↓↓第1話から配信中
2週間無料で試せるので見たい話を見てから解約も可能です。定額制見放題を中心とした動画配信サービス。ドラマやバラエティ、映画、アニメ、ニュース、ライブ配信がいつでも楽しめる。

■TVer ↓↓最新話7日間 無料配信

以上になります。
ここまで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

みなの感想
スポンサーリンク
ネタナビをフォローする
ネタナビ|みんなの知りたいを載せたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました